毛が成長するメカニズムは、どのようなものなのか見ていきましょう。本来であれば何も対策などをしなくても生えてくるものですが、それには複雑な細胞の働きがあり、それがうまくいかないと成長もうまくいかなくなってしまうのです。

成長するには、数多くの細胞や生体分子が関わってきています。例えば色素幹細胞やメラノサイト、脂肪細胞などになるのですが、これらをシグナル伝達物質と呼びます。


 

このシグナル伝達物質が新しい髪を生やすというシグナルを伝達していきます。そしてこのシグナル伝達物質の司令塔の役割を担っているのが、頭細胞になります。

この頭細胞は頭皮の血管の近くにある細胞で、血管と通して運ばれていった栄養素や酸素が細胞を活性化させて、成長シグナルを伝達していくのです。

そして、この成長にはサイクルがありますので、生えるばかりではなくて、抜ける期間もあります。成長のサイクルは成長期間、休止期間、抜ける期間の順番で回っています。

成長期が全体の80%から90%となっていて、休止期間が全体の10%から20%、抜ける期間は休止期間の3か月から4か月後に抜け落ちていきます。髪などが伸び続けることなくある一定の長さになると止まるのは、このサイクルがある為になります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。